2020年06月30日

なぜ便器の中をライトアップ?シニア世代の悩みを解決するスグレモノなのです

個人差はありますが40〜50代を過ぎると、夜、睡眠中に一度目覚めると再び床に入っても深く眠
れないという悩みを良く聞きます。特にシニア世代にもなるとトイレに行く回数も増え、その都度
照明の明るい光を浴びてしまうため朝までほとんど眠れなくなるという方も少なくないようです。
この問題を解決する画期的な商品がLIXILの便器にある「ほのかライト」という機能。便器の中と
足下を最小限の明るさで照らすものですが、トイレの照明を点灯しなくても用が足せるので、その
ような世代のお施主様からは絶賛されています。
ところがこの機能、発売から既に20年程経っており、現在では他のメーカーからも類似品が出て
いるのですが、一般的にはあまり知られていないのが実情の様です。先日、初めてこれを目にした
漫画家が驚きの体験をTwitterに掲載して注目を集めたとの記事を見かけました。Yahoo!ニュース
でも取り上げられ、多くのコメントが寄せられていましたが、そのほとんどが「股間(もしくは排
泄物)をライトアップしてどうするんだ?」という驚きや笑いの声。おそらく若い方にはそうした
シニアの悩みが知られていないのだと思います。
しかしながら、これは誰にでもやがてはやって来る悩みであり、あるいは自分の知らないところで
ご両親が抱えている可能性も高いのです。ぜひ多くの方に知って戴き、またシニア向けに住宅を新
築したりリフォームする際にはご参考にして戴ければと思います。

 記事はこちら
  ねとらぼ:https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2006/11/news011.html
  Yahoo!ニュース:
  https://news.yahoo.co.jp/articles/145115e31036b271cf0d68fcf0aa6212d6de1283

ほのかライト(株式会社リクシル ホームページより)
toilet01.jpg
posted by shibata-arch at 19:42| Comment(0) | 実務