2018年09月28日

「建築の日本:その遺伝子のもたらすもの」展

先日終了しましたが「建築の日本:その遺伝子のもたらすもの」展を見ました。
日本建築の鍵となる9つの側面に焦点を当てたたもので、古建築から現代建築まで多くの作品が展
示され、それぞれがどの様に引き継がれ展開して来たかということをあぶり出すというものです。

japan_in_arch_01.jpg

写真の木組みは「可能性としての木造」という章の入口に展示されていたものです。
一般的に木組みはよく寺社建築に見られ、装飾要素のように思われがちですが、元来は庇をより深
く伸ばしたいという目的があって生まれたものなのです。また一見同じように見えますが、時代と
共に様々に進化し、形の上でも力学的にも少しづつ異なっています。
現代の我々がこうした木組みそのものを使うことはありませんが、庇を伸ばすために工夫をし、更
にどのように見せるかということは最も検討したいところでもあります。
あるいは木組みそのものも、柱や梁などの構造架工がそのままインテリアとなる場合など、様々な
場面で伝統を意識せずにはいられません。

伝統は、囚われてしまうと作品がありふれたものになってしまいますが、その真髄に迫ることで新
たな創造を産み出す源泉ともなります。
更に伝統と向かい合い、それを乗り越えて新たに産み出された作品も、また一つの伝統となるので
す。

私も日頃から学ぶことが多く、常に意識しながら設計を行なっておりますが、今回の展覧会からも
改めて多くの刺激を受けることとなりました。

japan_in_arch_02.jpg

こちらは以前鎌倉の建長寺で撮影したものです(展示ではありません)
posted by shibata-arch at 22:28| Comment(0) | 建築