2016年11月04日

坂戸の診療所併設住宅が着工しました

昨年より設計を進めていた坂戸の診療所併設住宅が着工しました。
駅から至近の目抜き通りに面した絶好のロケーションにあり、1階が診療所、2・3階が二世帯住
宅となっています。住宅部分は外部に生活感を表出しないよう、ルーフバルコニーも含めて結晶化
ガラス板を張った高い壁やアルミのルーバーで囲みました。また診療所も患者のプライバシーに配
慮してほとんど窓を設けておらず、駅前の診療所に相応しい洗練された雰囲気をつくりだすことを
めざしています。
夜半より降り続いていた雨も昼前に上がり、澄み渡った青空の下で厳かに地鎮祭が行われました。

東側の通りより見た全景。シンプルで洗練された雰囲気をつくりだしています。
sakado001.jpg


高い壁の内側には大きな開口部が設けられ、プライバシーを保ちつつ開放的な空間が広がります。
sakado002.jpg


朝方の雨が一転、着工を祝福するかのように澄み渡りました。
sakado003.jpg


実際は設営がスタートした時にはまだ雨が降っていたため、祭壇もテントの中に設けました。
sakado004.jpg

posted by shibata-arch at 23:13| Comment(0) | 実務