2014年10月15日

神楽坂駅前「lakagu」

神楽坂駅前に出現した巨大な階段。新潮社とサザビーリーグによる新しい商業施設「lakagu」が
オープンしました。隈研吾氏の設計によるもので、新潮社の使われていなかった倉庫をそのまま
リノベーションし、敷地の高低差をそのまま階段というかたちで現した「既存」を最大限生かした
建築です。古いものを否定するのではなく、現代の視点に立って改めて評価し直すという姿勢には
大変好感が持てます。
一方で、近隣住民から前面道路の歩道拡幅の要望があったものの、建築主が拒絶したと聞きます。
決して簡単な問題ではありませんが、建物や階段の形状にはほとんど影響が無いように思えますし
ここまで環境を生かした建築であるだけにやや残念ではあります。

lakagu01.jpg
posted by shibata-arch at 19:03| Comment(0) | 建築